駐車違反で赤キップ?

赤キップが切られるケース

駐車違反は青キップで反則金10,000〜18,000円(普通車)。駐車違反であれば、このペナルティの範囲内となります。

しかし、同じように車を長時間停めていた場合でも、赤キップになる場合があります。

車庫法違反は一発赤キップ

赤キップになるのは、駐車違反ではなく車庫法違反の場合です。車庫法とは、自動車の保管場所の確保等に関する法律のことで、いわゆる車庫証明の法律です。

駐車禁止場所はもちろん、禁止場所じゃなくても、同一の場所に引き続き12時間以上(夜間は8時間以上)放置すると、車庫法違反の条件を満たしてしまい、「20万円以下の罰金で赤キップ」ということがありえます。

いきなり車庫法違反で赤キップというケースは少ないとは言え、法律上こうなっているものですので、長時間の駐車の際は気をつけましょう。