駐車違反の定義

駐車禁止区域に駐車することが駐車違反

駐車違反とは、「駐車してはいけない場所に駐車すること」です。ですので、「どこが駐車してはいけない場所なのか」をまず押さえましょう。

駐車禁止区域

駐車禁止区域には以下のものがあります。標識のないところでも駐車禁止な場所が結構あります。

  • 標識がある場所
  • 黄色い実戦が引かれている場所
  • 線路や踏切内
  • トンネル
  • 坂の頂上付近
  • 交差点の端から5メートル以内
  • 横断歩道(自動車横断帯含む)から5メートル以内
  • 踏切から10メートル以内
  • 安全地帯の左側とその前後10メートル以内
  • バスの停留所の表示板から10メートル以内(運行時間中のみ)

ここに駐車するとアウト、ということです。

指定違反と法定違反

駐車違反には2種類あります。標識や道路表示のように、各都道府県の公安委員会が設置した駐車禁止の指定に違反するものが「指定違反」。一方、線路や踏切、トンネル内など、標識や表示によらず、道路交通法上「駐車禁止」と指定されている場所での駐車禁止が「法定違反」です。どちらも駐車違反に変わりはなく、罰則も同じなので気にする必要はないかと思いますが、知識として。

駐車違反の反則金一覧(放置駐車、駐停車違反)

  大型車 普通車
放置駐車違反(駐停車禁止場所など) 25,000円 18,000円
放置駐車違反(駐車禁止場所など) 21,000円 15,000円
駐停車違反(駐停車禁止場所など) 15,000円 12,000円
駐停車違反(駐車禁止場所など) 12,000円 10,000円