悪質・危険運転者対策

飲酒運転に対する罰則強化など

改正により、酒酔い運転の罰則が、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」から「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」に引き上げられました。

また、飲酒運転をする可能性のある者への「車両の提供」、飲酒運転するおそれのある者への「酒類の提供」、運転者が酒酔いもしくは酒気帯び運転の場合の「同乗者」へも罰則が科せられるようになりました。また、飲酒運転の検知拒否罪も罰則が引き上げられ、「3ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金」となります。

ひき逃げについては、「5年以下の懲役または50万円以下の罰金」から「10年以下の懲役または100万円以下の罰金」となります。

その他、運転免許証の提示義務が見直され、警察官が「免許証を見せて」と言える状況が従来より多くなりました。(それまでは、明らかに無免許運転や飲酒運転などと判断された場合と、一斉検問、職務質問の場合にしかありませんでした。)